機能回復型短時間デイサービス
頭と体を鍛えて、認知症と寝たきりを予防!

仏生山学舎の特色

写真の持つ力  

仏生山学舎では「自分史」を綴って頂いています。 

gakusya_ip1.jpg

自分史というと「難しいのではないか」、「自分には書くほどの内容が無い」などと考えてしまうことが多いようです。

私たちが取り組んでいる自分史は自分の写真を使った自分史つくりです。  

過去の自分や家族のイベント(子供時代、結婚、子育て、引っ越し、旅行など)たくさんある人生のイベントを写真中心に振り返ることで、脳の活性化(回想法)を図りたいと考えています。

gakusya_ip2.jpg

写真一枚から思い出される記憶、そこから始まるコミュニケーション・・・。  本当に楽しい話題が次々と出てくることにはスタッフみんな驚いています。

ある利用者さんは、「自分を表現する場所が今までなかった。今初めて自分の過去を振り返ることができた」と話してくれました。

今までの人生の中で、辛かったこと嬉しかったこと、頑張ったこと・・・皆さんいろいろな思いがあると思います。今一度、自分の人生を一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

gakusya_ip3.JPG

その過程の中で、「いろいろあったけど、全部含めて自分の人生だなぁ」とか「過去のこうゆう出来事が今の自分の考えの元だなぁ」などと自分の人生を前向きに考えることに繋がると思います。

「自分史」を綴ることは、今後の人生をより良く暮らすことに繋がると私たちは考えています。

みなさんも一緒に写真を振り返り、楽しい話を聞かせて頂ければと思います。

 

 

簡単自分史作成

gakusya_ip4.jpg

仏生山学舎では高齢者の方でも簡単に触ることができる自分史作成ソフト「タイムトラベラー」を使用します。

ご自身の写真を持って来て頂き「iPad」に取り込みます。その後写真を時代別に並び替えていきます。

当時のことを思い出しながら、コメントを入れたり、場所を記入したり、タイトルをつけたりと楽しい作業です。

 

gakusya_ip5.JPG

並び替えていく中で写真の時期が不明な時は、指先ひとつで簡単に当時の出来事、流行、スポーツを検索できるようになっていますので、誰でも簡単に当時の事を思い出すことが出来ます。

昔の事、特に10代の事を思い出す時は、はみんな一気に若返るような印象を受けます。当時のこと、目を閉じるとその風景までも思い出し、中には匂いまで思い出した方もいらっしゃいました。

頭の中でイメージをする。映像を頭に思い浮かべることで「脳の活性化」はしっかりと起こっています。

脳の血流が良くなることはとても良いことです。そして自分史つくりの素晴らしいところは、何よりも利用者さん同士の会話が弾んでいることです。まるで、昔の学生同士が会話しているように、楽しそうお話しています。

とても嬉しそうに話をしているのをそばで聴いていると、
私たちもとてもうれしい気持ちになります。

gakusya_ip6.JPGgakusya_ip7.JPG

 

仏生山学舎では転倒予防に効果的な運動プログラムを作成しています。

gakusya_t1.JPG

 

高齢者の寝たきり原因の第2位は転倒(骨折)です。

寝たきりを防ぐ効果的な方法は転倒予防と私たちは考えています。

転倒予防の為には ①筋力 ②バランス能力 ③柔軟性 この3つの能力を鍛えることで、転倒予防を行います。

それぞれをの能力を効果的に伸ばすために、鏡の前でご自身の体をチェックしながら行って頂きます。

gakusya_t2.JPG

具体的な運動メニューは
・ボール体操
・棒体操
・チェアストレッチ
・バランスパッド運動
・ラダーでの歩行訓練
・タオルストレッチ
・ダンベル体操
・自重での筋トレ
・起き上がり訓練
・マットでのストレッチ体操
などなど

他に 物理療法としてgakusya_t3.JPG

・干渉波
・ホットリズミー
・エアー
などを利用しています 。
 

痛みがあるとなかなか体を動かしにくいものです。

仏生山学舎では国家資格を持った治療者がボディケアを行っています。

ボディケアを行うことで、固くなった筋肉や関節を柔らかくしてから、運動を行っています。 gakusya_t4.JPG

体を動かすトレーニングだけでなく、同時に筋肉や関節の痛みをコントロールしながら、運動する事が出来ますので、体を動かすことに自信がなくても少しづつ運動を始めることが出来ます。

体をしっかり動かして 転倒予防&寝たきりを予防しましょう!

仏生山学舎では認知症予防にはコミュニケーションが 一番大切だと考えています。

 

gakusya_n1.JPG

テーブルでは、昔の写真をきっかけに、流行、テレビドラマ、旅行、結婚のこと・・・次々と話が続いていきます。

ついつい皆さん身を乗り出して、話に夢中になる姿は「昔話に花が咲く」といった様子で本当に楽しそうです。

 

コミュニケーションを引き出すために私たちは、大きく、3つの事を行っています。  

gakusya_n2.JPG

 

 ①くもん学習療法


 ②iPadによる自分史作成

 

 ③利用者さん同士の会話

 

①くもん学習療法

 脳科学の東北大学川島教授とくもんが共同開発し
 た「学習療法」を当施設では行って頂いています。

gakusya_n3.JPG

 読み教材ではコミュニケーションを引き出すために
 昔の話が多く含まれています。昔の事をたくさん思
 い出して話がよく弾んでいます。

 

 

②iPadによる自分史の作成

 昔を思い出すのに、写真や音楽は非常に良いきっか
 けになります。私たちは手軽に写真や音楽、流行な
 どが調べることが出来れば、よりコミュニケーショ
 ンが活発になると考えました 。

gakusya_n4.JPG

 iPadのソフト会社「ミライカ」と提携し高齢者の方
 にも使いやすいソフトを開発しました。 

 

 ご自身の人生の出 来事を映した写真を持って来て 頂き、写真を中心にした自分史の作成を行っていま す。
 

 自分史作成ソフト「Timetraveler」では指先ひと
 つで当時の出来事や流行を検索することができ、
 まさに時代を「タイムトラベル」しているようです。

gakusya_n5.JPG

 

③利用者さん同士の会話

 くもんの学習をした後に、昔のことを思い出し、よ
 り詳しく調べる為にiPadで検索して画像や音楽が
 流れると・・「あれ、いつの時だっけ?」「子供が
 まだ小さかったときだったなぁ」「どこどこに住ん
 でいた時の事だ」など皆さん様々な世代ですが、
 共通の話題で盛り上がり、かなり楽しそうです。

 昔の出来事を思い出すことで、小さいテーブルは
 いつも利用者さんの声でにぎやかになっています。

gakusya_n6.JPG

 

〒761-8078
香川県高松市仏生山町甲422-1

TEL:087-814-7990
FAX:087-814-7992

E-mail: bussyouzangk@ybb.ne.jp

事業所番号:3770106429

---------------------------------

am_logo.PNG

※掲載写真について
本ホームページに使用する写真等は利用者様の承諾を得て掲載させていただいております。無断転載はお断りしております。

 

kumon.png

minilogo.png