機能回復型短時間デイサービス
頭と体を鍛えて、認知症と寝たきりを予防!

認知症予防に・・・コミュニケーション!

仏生山学舎では認知症予防にはコミュニケーションが 一番大切だと考えています。

 

gakusya_n1.JPG

テーブルでは、昔の写真をきっかけに、流行、テレビドラマ、旅行、結婚のこと・・・次々と話が続いていきます。

ついつい皆さん身を乗り出して、話に夢中になる姿は「昔話に花が咲く」といった様子で本当に楽しそうです。

 

コミュニケーションを引き出すために私たちは、大きく、3つの事を行っています。  

gakusya_n2.JPG

 

 ①くもん学習療法


 ②iPadによる自分史作成

 

 ③利用者さん同士の会話

 

①くもん学習療法

 脳科学の東北大学川島教授とくもんが共同開発し
 た「学習療法」を当施設では行って頂いています。

gakusya_n3.JPG

 読み教材ではコミュニケーションを引き出すために
 昔の話が多く含まれています。昔の事をたくさん思
 い出して話がよく弾んでいます。

 

 

②iPadによる自分史の作成

 昔を思い出すのに、写真や音楽は非常に良いきっか
 けになります。私たちは手軽に写真や音楽、流行な
 どが調べることが出来れば、よりコミュニケーショ
 ンが活発になると考えました 。

gakusya_n4.JPG

 iPadのソフト会社「ミライカ」と提携し高齢者の方
 にも使いやすいソフトを開発しました。 

 

 ご自身の人生の出 来事を映した写真を持って来て 頂き、写真を中心にした自分史の作成を行っていま す。
 

 自分史作成ソフト「Timetraveler」では指先ひと
 つで当時の出来事や流行を検索することができ、
 まさに時代を「タイムトラベル」しているようです。

gakusya_n5.JPG

 

③利用者さん同士の会話

 くもんの学習をした後に、昔のことを思い出し、よ
 り詳しく調べる為にiPadで検索して画像や音楽が
 流れると・・「あれ、いつの時だっけ?」「子供が
 まだ小さかったときだったなぁ」「どこどこに住ん
 でいた時の事だ」など皆さん様々な世代ですが、
 共通の話題で盛り上がり、かなり楽しそうです。

 昔の出来事を思い出すことで、小さいテーブルは
 いつも利用者さんの声でにぎやかになっています。

gakusya_n6.JPG

 

〒761-8078
香川県高松市仏生山町甲422-1

TEL:087-814-7990
FAX:087-814-7992

E-mail: bussyouzangk@ybb.ne.jp

事業所番号:3770106429

---------------------------------

am_logo.PNG

※掲載写真について
本ホームページに使用する写真等は利用者様の承諾を得て掲載させていただいております。無断転載はお断りしております。

 

kumon.png

minilogo.png